東大阪エリア店舗一覧  (全3店)

東大阪エリアホテル一覧    (全14件)

ヴィセラ
ラブホテル
072-987-7950
大阪府東大阪市横小路町5-6-39
ウェリナ
ラブホテル
072-964-3133
大阪府東大阪市水走1-19-25
おひるねラッコ東大阪店
ラブホテル
06-6746-8885
大阪府東大阪市荒本北3-4-18
ジャスミン
ラブホテル
06-6745-6631
大阪府東大阪市七軒家2-13
シルクロード
ラブホテル
06-6746-0051
大阪府東大阪市長田東2-4-13
大阪のちょっと為になる地域話  東大阪版
東大阪は文豪の街と言えるかもしれません。近鉄八戸ノ里駅近くには、かの文豪司馬遼太郎氏の自宅が残されていて、現在も彼が暮らしていたころのままで残されている。当時のままの玄関、当時のままの庭を見ながら進むと、大きなガラス越しに書斎を見ることが出来る。亡くなった時のそのままの状態でご存されており、当時書いていた作品のための資料、メガネや万年筆に至るまでそのままの形で残されています。彼が愛した窓際の景色を楽しむことができ、今は亡き大天才に思いをはせることが出来ます。 縁のある文豪は司馬氏だけではありません。さらに時代をさかのぼると、太宰治にもゆかりのある土地だとわかります。1946年に発行されたパンドラの匣は、現在の日下町に存在した「孔舎衙健康道場」で療養生活をしていた木村庄助から文通相手だった太宰治に送られた病床日記をもとにして作られた作品です。木村氏が療養生活を送った健康道場は現在はありませんが、跡地はパンドラの丘として管理されており、今も残る新池畔では釣りを楽しむ人も多いそうなので文豪の友に思いをはせながらのんびりとした時間を過ごしてみるのもおつなものです。 他にも、田辺聖子が通い、現在彼女の文学館が置かれている大阪樟蔭女子大学があったり、関東大震災ののち谷崎潤一郎が身を寄せていた根津家の別荘があったりと、何かと文豪にゆかりのある土地なのです。古くは雨月物語を書いた上田秋成や松尾芭蕉が最後の旅で訪れたりと、文学に名を残す人がおおく足を運んだ地でもあります。彼らが惹かれる何かがあったのかもしれませんね。訪れればその魅力を感じることが出来るかもしれませんので、文豪を目指す方におすすめしたい街です また、ラグビーの聖地で有名な「花園」もあります。ラグビーの専用グラウンドとして建設され、高校ラグビーの決選の地となりました。高校野球でいう所の甲子園ですね。ラグビーボールのモニュメントやスクラムロード、農協のラグビー支店などラグビーに関するものが多く、大会開催中は体格のいい男性や熱心なファンであふれています。 江戸時代には豪商が多く住み、現在は国の重要文化財に指定されている鴻池新田会所や旧河澄家など、重要な歴史の証となる建物や土地から出土したものを展示している郷土博物館などもあり、歴史のロマンを感じることもできます。のんびり歩くのにちょうどよいコースが多いので、散歩がてら訪れてみてはどうでしょう。

お気に入りGIRL

登録されていません

お気に入り店舗

登録されていません